水文誌ミニ巡検

第1回『水文誌ミニ巡検企画』報告     
嶋田 純

 2017年3月8日(水)に新たな企画として登場した『水文誌ミニ巡検』の第1回企画が香川大学の新見 治・特命教授のお世話で『讃岐平野・香東川流域の水文誌と水のエコミュージアム』というテーマの基に実施されました.香川地理学会からの2名の参加者もあり全国各地から参集した会員9名と共に総勢11名でジャンボタクシーを利用した丸一日の企画でした.
 瀬戸内気候の讃岐平野は,我が国の中では相対的に降水量の少ない地域で,ため池灌漑の盛んな地域として知られていることから,巡検参加前には,乏水地域であると私は捉えていました.巡検は,「少雨、溜池、渇水の讃岐平野」(その一部の香東川流域)を下流の高松の町から、中流の扇状地、上流の山地にさかのぼり、様々な地域事象・事物に出会うことを通して、讃岐平野の水の姿をリアルに描き出すように行程が構成され,過去数百年間の人間の営みによって讃岐平野が豊水地域に変貌していったことに気づかされるとともに,それを前提に生起する水の課題・問題を捉える視角の重要性を再確認することを狙いとした企画でした.現地の水利施設や郷土資料館等の見学を通して討議交流し、水文誌と水のエコミュージアムについての理解も深めるという,本巡検企画者である新見教授の狙いは十分達成されていました.
 午前中は3月上旬の小春日和を謳歌していましたが,当日午後は時折霙混じりの不安定な天候も加わりつつも,讃岐山地の峠を越えて香川用水の水源にもなっている吉野川に至り,潜水橋や藍染めの脇町などまで足を延ばすことができ何よりでした.一つの流域単位で,当該地域の水文環境と地域の経済活動を支える水の減災・防災や水利関連施策に係る結果を統合的に把握・考察する水文誌の重要性を改めて認識できる充実した企画でした.
 コース:(集合)JR髙松駅930-高松城下町水道-香東川-溜池-出水-讃岐うどん・のぶや(昼食・休憩)-香南歴史民俗郷土館―香東川取水堰-塩江・内場ダム-脇町・吉野川潜水橋-高松空港1700頃-JR髙松駅1730頃(解散)
 当日の概略行程は上記の通りで,解散後に一部参加者による懇親会および瀬戸大橋横断と岡山市散策(翌日)が実施されました.これらの遂行においても,新見教授のお世話を賜りました.多忙な中での企画実施に厚く御礼申し上げます.
 本学会設立時の会長巻頭言(山本,1987)では,『ハイドロロジー・水文学の定義に関しては,世界中が共通の認識に達していると考えて良く,水文科学となるとより広い範囲をカバーすることになります.理論と応用,自然科学のみならず社会経済学の分野,そして"水を媒体として地域を理解するための水文誌"等が含まれる.』とされて学会30周年の今日に至っていますが,これまでの学会活動(主に学会誌)を振り返ると(森,2017), 水文誌はその重要性が認識されているものの成果としては目立った存在にはなりきっていないのが現状です.我が国の他学会同様に会員数が減少しつつある本学会において,新たな切り札として,この『水文誌』に着目することで,流域を地域単位としてとらえる水文(科)学および本学会の特徴を生かし,新たな方向性を導き出す動機づけに出来ればと考えています.

 写真1.jpg
写真1. 脇町の古井戸前にてミニ巡検参加者と共に

尚,次回第2回企画は,参加者の中に居られた元神奈川県温泉地学研究所の大山正雄氏のお世話で,箱根方面でのミニ巡検を来年(2018年)2-3月頃に実施する予定です.今秋発刊予定の学会誌および学会HP等に募集公告を載せる予定ですので,多くの会員諸氏の参加をお待ちしています.

参考文献
森 和紀(2017)水文科学:基礎科学として水文学.日本水文科学会誌,47(1).17-21.
山本荘毅(1987)日本水文科学会の設立にあたって.ハイドロロジー,17(1), 1.

第2回 『水文誌ミニ巡検(箱根)』報告
(案内人)大山正雄 (記録)町田 功
著者:町田 功 ,加筆:大山 正雄


 日本水文科学会の皆さん、こんにちは。企画・広報委員長の町田 功です。去る3月8日に、昨年度に立ち上げた学会新企画・水文誌ミニ巡検(第2回)が行われました。第1回(香川平野・案内人は新見先生)のレポートは嶋田会長よりお送りしましたが、第2回は私からお送りしまっす!

 今回の巡検は箱根駅伝や滝廉太郎の歌で有名な「箱根」。案内人は一般社団法人日本温泉協会会長&早稲田大学オープンカレッジ講師の大山正雄先生です。大山先生はかつて神奈川県温泉地学研究所(温地研)に勤務され、文学博士を取得されています。さらに県職員という身でありながらフランス留学を経験されたダンディーな方です。実は私も10年ほど前に2年ほど温地研に勤務しており、その時に先生にはお世話になりました。

 さて、巡検は予定通り9:00に箱根登山観光バスにて小田原駅西口より出発しました。総勢16名です。いきなり大山先生より、小田原の地名の由来、そして酒匂川のそばにある活断層の国府津-松田断層と関東大震災との関係、小田原城と後北条氏の歴史について名調子での解説がありました。関東と関西の関という文字は、箱根の関所を境という説もあるのですって。皆さん、ご存じでしたか?箱根については私も少々うるさいつもりでいましたが、知らないことばかりで驚きました。

 最初の見学ポイントはこれから訪れる箱根カルデラからの早川の水を取水している小田原用水です。玉川上水などよりも45年も早い、日本最初の水道です。小田原城のお堀の水は、この水を引き入れているとのことでした。なお、写真の中で山の上にある鉄塔のある場所が、豊臣秀吉による小田原征伐のときに作られた一夜城の場所です。このあたり、戦国時代好きな私にはたまりません。さて、このあたりまでは、河津桜が咲く中で穏やかな天気を楽しめましたが、ここからが水を専門とする方々が集まっているだけはあり、強い雨が降ってきました。以後、雨が続くことになります。


小田原用水.jpg
 写真1 小田原用水取水口 
背後右奥の丘の上に鉄塔がありますが、ここに一夜城がありました

 次の見学ポイントは、箱根湯本の老舗旅館・萬翠楼福住(ふくずみ)です。もともとこの地の温泉は自然湧出するものを利用していました。そのような中、かつての福住旅館の主は自然湧泉近隣に雪の積もっていない部分があることに気づき、そこに業者を連れて行って温泉を見つけたという話をしていただきました。下の写真に撮っているのは緻密な安山岩で、箱根火山の基盤をなすとされる須雲川安山岩です。非常に緻密な地層であるのに対し、その上位の箱根火山の溶岩層は割れ目が多く水を通しやすいため、上位から浸透してきた地下水は須雲川安山岩に浸透することができず、基盤上を流れて箱根湯本にて湧出するという説明がありました。源泉となっている横穴内湧泉という所で4、5人一度に懐中電灯を使って入っていきました(特別な許可を得ています)。温泉の熱で中はサウナのようでしたが、残念ながら湿気で写真が撮れませんでした。

須雲安山岩類.jpg
 写真2 須雲川安山岩類(基盤岩

洞窟.jpg
写真3 資料を手に説明しているのが大山先生、傘をさしているのが嶋田会長。
二人の後ろに温泉の湧出する基盤岩の洞窟があり、そこから湯気がでています。


 湯本を後にし、さらに箱根を登っていきます。ここから傾斜がきつくなっていきます。湯本から宮ノ下は箱根駅伝(第5区)のコースです。テレビでは大学生ランナーがスイスイと走っていきますが、自分でやってみるととても走って登ることができません。10時50分、次の見学地点は底倉の蛇骨湧泉群です。下の写真の緑色に見えるところは"亀張り"といい、自然湧泉源で、温泉の流出を塞いでいるとのことでした。この蛇骨には崖部から湧出する温泉が数多くあります。ちなみに、先ほどの箱根湯本は基盤岩の中からの温泉、蛇骨湧水は基盤岩上の箱根火山中央火口丘の温泉とのことです。お昼近くになって、ますます寒くなってきました。道端には残雪がみられ、雨と霧が視界を覆います。

亀張り.jpg
写真4 亀張り。緑色に見えるところが該当します。
 
蛇骨湧水群.jpg
写真5 蛇骨湧水群。この崖の下の川に湧出しています。
右に見えるのは、秀吉が温泉に入ったという太閤風呂。温泉と名所を巡る旅のようでした。

 次のポイントは中央火口丘最高峰の神山の大涌谷です。火山性蒸気噴気地帯の大涌谷は皆さんも観光で訪れたこともある方もいらっしゃると思います。ここでは大涌谷の降雨イベントと地下水位変動の関係をタンクモデルによって予測した研究成果を紹介していただきました。そして、その応答(流出係数や浸透係数)が1970年代と1990年頃では大きく変わっていること、1990年頃は地表に堰堤などの人工物を造ったために、雨に対して水位応答が小さくなっていることを解説していただきました。堰堤を造ることによって水位応答が小さくなる=地滑りを抑える、ということです。お昼に大涌谷にてご飯を食べましたが、レストランでは暖かいストーブが焚かれていて生き返りました。


法政大学小寺研.jpg
 写真6 法政大学小寺研の皆さん。大涌谷のレストランで昼食を食べています。

 1:00、大涌谷から箱根カルデラ底の仙石原を横断して箱根カルデラ壁(外輪山)の長尾峠に入り、再び箱根カルデラ内の深良用水に向かいます。このあたりから徐々に雨が小降りになり視界が晴れてきました。深良用水採入口で、みんなで記念撮影をしています(写真7)。深良用水は今から400年位前に造られた芦ノ湖と静岡側を結ぶ用水です。その長さが約1300m、そして静岡側、神奈川側両方から箱根外輪山の溶岩の中を手掘りで隧道を掘り始めて、最後に両者が出会ったときの高低差が約1m弱だった、ということに対して非常に感銘を受けました。この深良用水から静岡県に芦ノ湖の水が流れていくわけですが、水利権の関係で神奈川県には1滴もいかないというお話でした。芦ノ湖は神奈川県にあるので、少し神奈川県が可哀そうな気もしましたが、芦ノ湖の下流側の仙石原には芦ノ湖の水が地下水流動しており、早川に流出しているとのことで、少し安心しました。早川の下流にあるのが冒頭に出てきた小田原用水です。

深良用水集合写真.jpg
          
写真7 深良用水取入口にてミニ巡検参加者と共に


深良揚水.jpg
  写真8 芦ノ湖側の深良用水の取水口です。

深良揚水2.jpg
写真9 取水口から回れ右をすると、こんな用水がみられます。
このトンネルが深良用水で1.3kmもあります。

 時間は3時10分。箱根の関所を見学し、4時30分に箱根駅伝のゴールに到着です。霧の中の芦ノ湖もなかなか風情があります。夜は懇親会でしたが、用事のある一部の方を除くすべての方が参加され、夜が更けるまで思い思いに水文学や日本水文科学会の将来について語り合いました。

芦ノ湖.jpg
写真10 霧と夕暮れの芦ノ湖 
箱根駅伝のゴールにいます。

aa